駿台学園天文講座 



 * 月例講座プログラム変更(17年10月)

 10月16日に「中性子星合体による重力波が初めて観測され,同時に光の望遠鏡 による観測にも成功した」という画期的な発見が報告されました.そこで月例講座の プログラムを急遽変更して,この大発見についてのお話しを聴きたいと思います. 来年2月17日の中嶋の話を来年度にまわして,国立天文台の田中雅臣先生のお話し を聴くことにしました.後出の2月の予定をご覧下さい.



 * 2017年度,各種講座予定 (1/29更新)
2018年
_2月17日(土) 17:00〜: 月例講座 予定変更
  国立天文台助教 田中雅臣先生
 「重力波天体が放つ光の初観測」
― 金やプラチナの誕生現場、中性子星合体 ―

 2017年8月17日にアメリカの重力波望遠鏡 Advanced LIGO とヨーロッパの重力波望遠鏡 Advanced Virgo によって、中性子星合体による重力波が初めて観測されました。日本の重力波追跡観測チーム J-GEM は、国立天文台のすばる望遠鏡,名古屋大学の IRSF 望遠鏡などによって重力波源 GW170817 の光赤外線追跡観測を行うことで、重力波源に対応する光赤外線対応天体を捉え、その時間変化を追観測することに成功しました。これは重力波源が電磁波で観測された初めての例です。
 中性子星合体では鉄より重い金やレアメタルなどの元素を合成する過程である「 r プロセス」が起き、新たに作られた元素の放射性崩壊によって電磁波が放出されること(通称「キロノバ」)が国立天文台のスーパーコンピュータ「アテルイ」を使ったシミュレーションによってかねてより予測されていました。観測された光赤外線対応天体の性質はキロノバ放射の理論計算とよく一致しており、本研究成果は中性子星合体 GW170817 で金などの重元素合成が起きたことを強く示唆するものです。この研究は重力波と光赤外線の観測が協調した「マルチメッセンジャー天文学」、さらに理論シミュレーションによって実現したものです。 (国立天文台,2017年10月16日プレスリリースより)
  *講演要旨
[参考] 国立天文台解説ページ
ナショナルジオグラフィック解説記事
YouTube の動画


_3月17日(土) 17:00〜: 月例講座
  金沢大学名誉教授 村上敏夫先生
「宇宙最大の爆発天体ガンマ線バースト」

 村上先生は「ガンマ線バースト」の第一人者です.  著書の紹介文より,一部を引用します:
ガンマ線バーストは、電磁波の一種であるガンマ線が大量に放出される「宇宙最大の爆発」のこと。数千億の星を集めた銀河よりもずっと明るく輝く想像を超えた大規模な爆発です。最近では恐竜の大絶滅の原因ではないかという説もあります。
(中略)
巨大な爆発はどこでどのように起こるのか? ブラックホールや相対性理論はどのようにかかわってくるのか? 宇宙の起源や生物の大絶滅との関係は? 宇宙物理学で、今もっとも注目される現象を、第一人者が繙いていきます。

 


 * 月例講座等,実施済み
2017年
_4月15日: 17:00〜: 月例講座
  アストロスケール 瀨戸裕基先生
 「宇宙ゴミ除去のビジネス化を目指して」

  *講演要旨
_5月20日: 17:00〜: 月例講座
  JAXA 宇宙科学研究所 平林久先生
 「ブラックホール観測の展開」
   ― ホシはクロか? ―

  *講演要旨
_6月17日: 17:00〜: 月例講座
  電気通信大学 柳澤正久先生
 「月面衝突閃光」

  *講演要旨, 講演記録
_7月_7日(金) 11:00〜: 七夕星を語る会
国立天文台太陽天体プラズマ研究部 鳥海 森先生
 「太陽の謎に迫る!」
   ~黒点・フレア・オーロラ~

  *講演要旨
_7月15日(土) 17:00〜: 月例講座
  国立天文台チリ観測所 平松正顕先生
 「アルマ望遠鏡で探る星々のルーツ」

  *講演要旨
_7月21日(金)-23日(日):反射鏡研磨研究会
  北軽井沢一心荘, 講師 池谷 薫先生

_7月23日(日)-25日(火):北軽井沢夏季講座
  北軽井沢一心荘
  講師 木下宙先生,米山忠興先生,中嶋
 「算額(あるいは和算)と宇宙」

  *講演要旨
_8月19日(土) 17:00〜: 月例講座
  山形大学理学部物理学科 柴田晋平先生
 「私たちはなぜ星空案内をするのか?」
 〜星のソムリエ活動とその目指すもの〜

  *講演要旨
_9月16日(土) 17:00〜: 月例講座
  一般社団法人 星つむぎの村 共同代表
  星空工房アルリシャ 代表 高橋真理子先生
 「すべての人に星空を」
   -宇宙と私たちのつながり-

  *講演要旨
10月21日(土) 17:00〜: 月例講座 
  日本経済新聞科学技術部 中島林彦先生
「宇宙インフレーション理論の最近の進展」
    ー 科学記者の目から ー

  *講演要旨
11月18日(土) 17:00〜: 月例講座
  国立天文台名誉教授 家正則先生
「ハッブル 宇宙を広げた男」

  *講演要旨
12月16日(土) 17:00〜: 月例講座
  東京大学名誉教授 吉井譲先生
 「宇宙に満ちる謎ダークエネルギー」

  *講演要旨
2018年
_1月20日(土) 17:00〜: 月例講座
  JAXA 宇宙科学研究所 吉川真先生
 「天体の地球衝突問題とその対応」

  *講演要旨