駿台学園天文講座 

 * 2017年度,各種講座予定 (7/26更新)
_8月19日(土) 17:00〜: 月例講座
  山形大学理学部物理学科 柴田晋平先生
 「私たちはなぜ星空案内をするのか?」
  〜星のソムリエ活動とその目指すもの〜

 柴田先生は天文学の一般への普及の活動にも積極的に 取り組んでおられ,「小さな天文学者の会」や,「星空案内人(星のソムリエ)資格認定制度」 の推進の中心になっています.先生には,これらの活動についてお伺いする予定です.
講演要旨

_9月16日(土) 17:00〜: 月例講座
  星空工房アルリシャ 代表 高橋真理子先生
 「(仮題) 病院がプラネタリウム」

 高橋先生は「星空工房アルリシャ」という天文普及活動グループの代表として, プラネタリウムにおける番組制作や解説,病院や施設に星を届ける「病院がプラネタリウム」 の活動,などを行っておられます.

10月21日(土) 17:00〜: 月例講座
  日本経済新聞科学技術部 中島林彦先生
「宇宙のインフレーション理論の最近の進展」
    ー 科学記者の目から ー

 1980年代初めに佐藤勝彦博士らが提唱して以来,多数の モデルが提唱されてきたインフレーション理論ですが, マックス・プランク宇宙物理学研究所の小松英一郎博士によると, WMAP観測によってその多くは淘汰され,最初期のモデルが 改めて脚光を浴びている,ということです. 他方で最近の観測はインフレーションに合わない,という説もあり, まだまだナゾは深まるばかり,のようにも見えます. 最近のこのような情勢について, 科学記者の見たインフレーションのお話しをお聴きしたいと思います.

11月18日(土) 17:00〜: 月例講座
  国立天文台名誉教授 家正則先生
「ハッブル 宇宙を広げた男」

 家先生には,2013年の5月に駿台天文講座で「世界最大の望遠鏡TMT」という題でお話しをいただきました. 以来ずっと,国立天文台定年退職後の今もなお,TMT国際会議の日本代表として, TMT推進の先頭に立って活躍しておられます.一方で岩波ジュニア新書から『ハッブル 宇宙を広げた男』という一般向けの天文書を出版されています.超ご多忙の中, 今回はエドウィン・ハッブルについてお話いただきます.

12月16日(土) 17:00〜: 月例講座
  東京大学名誉教授 吉井譲先生
(題未定)

 吉井先生は,昨年度まで東京大学天文学教育研究センターのセンター長をされていました. また退職後も,東京大学アタカマ天文台(TAO)プロジェクトの代表として,南米チリの高地に 高性能の赤外線望遠鏡を建設するプロジェクトを推進しておられます.
 また,最近のテレビのコズミックフロント☆NEXT,「宇宙に満ちる謎ダークエネルギー」 にも登場されました.

 
2018年
_1月20日(土) 17:00〜: 月例講座
  JAXA 宇宙科学研究所 吉川真先生
 「天体の地球衝突問題とその対応」

 天体の地球衝突問題を扱う活動は,スペースガード (Spaceguard) ないしプラネタ リー・ディフェンス (Planetary Defense) と呼ばれています.現在,地球に接近しうる天体は 15,000 個以上も発見されていそうです.吉川先生には,天体の地球衝突問題 に対するこれまでの経緯と現在の活動をお話ししていただく予定です.

_2月17日(土) 17:00〜: 月例講座
  一橋大学(名誉教授) 中嶋浩一
 「宇宙物理学者,ルメートル神父」

 ベルギー人の宇宙物理学者,ジョルジュ・ルメートルは,カトリック教会の神父でもあり ました.彼は,アインシュタインも気が付かなかった「宇宙膨張の解」を発見し,ハッブルに 先がけて観測的にも宇宙が膨張していることを指摘,さらにジョージ・ガモフよりも前に 宇宙の始まりを考察しました.「彼はキリスト教だから宇宙の始まりを考えたのだ.」という 人もいましたが,それは違います.

_3月17日(土) 17:00〜: 月例講座
  金沢大学名誉教授 村上敏夫先生
「宇宙最大の爆発天体ガンマ線バースト」

 村上先生は「ガンマ線バースト」の第一人者です.  著書の紹介文より,一部を引用します:
ガンマ線バーストは、電磁波の一種であるガンマ線が大量に放出される「宇宙最大の爆発」のこと。数千億の星を集めた銀河よりもずっと明るく輝く想像を超えた大規模な爆発です。最近では恐竜の大絶滅の原因ではないかという説もあります。
(中略)
巨大な爆発はどこでどのように起こるのか? ブラックホールや相対性理論はどのようにかかわってくるのか? 宇宙の起源や生物の大絶滅との関係は? 宇宙物理学で、今もっとも注目される現象を、第一人者が繙いていきます。

 


 * 月例講座等,実施済み
_4月15日: アストロスケール 瀨戸裕基先生
  宇宙ゴミ除去のビジネス化を目指して

  *講演要旨
_5月20日: JAXA 宇宙科学研究所 平林久先生
  ブラックホール観測の展開

   ― ホシはクロか? ―
  *講演要旨
_6月17日: 電気通信大学 柳澤正久先生
  月面衝突閃光

  *講演要旨, 講演記録
_7月_7日(金) 11:00〜: 七夕星を語る会
国立天文台太陽天体プラズマ研究部 鳥海 森先生
  「太陽の謎に迫る!」
   ~黒点・フレア・オーロラ~

  *講演要旨
_7月15日(土) 17:00〜: 月例講座
  国立天文台チリ観測所 平松正顕先生
 「アルマ望遠鏡で探る星々のルーツ」

  *講演要旨
_7月21日(金)-23日(日):反射鏡研磨研究会
  北軽井沢一心荘, 講師 池谷 薫先生

_7月23日(日)-25日(火):北軽井沢夏季講座
  北軽井沢一心荘
  講師 木下宙先生,米山忠興先生,中嶋
 「算額(あるいは和算)と宇宙」

  *講演要旨