過去のお知らせ

_9月16日(土): 下記月例講座,高橋先生のお話しを聴きました.
        ジュニア天文講座では,プラネタリウムの工作をしました.
_9月07日(木): 9月16日の月例講座,高橋真理子先生の「すべての人に星空を
        -宇宙と私たちのつながり-」の講演要旨を掲示しました.
_8月24日(木): 下記,北軽井沢天文講座の講演記録を掲示しました.
_8月21日(月): 下記,柴田先生の講演記録を掲示しました.
_8月19日(土): 月例講座で,柴田晋平先生の「私たちはなぜ星空案内をするのか?
         〜星のソムリエ活動とその目指すもの〜」を聴きました.
        (巨大風船の実験がありました!)
        ジュニア天文講座では,全天星図を使って,星座の決め方,星の名前の付け方,
        天球と黄道,黄道12星座,歳差,などを勉強しました.
_7月23〜25日: 北軽井沢,一心荘で,恒例の「北軽井沢駿台天文講座(第34回)」が開かれ,
        木下・米山両先生の「和算,算額,こよみ」などについてのお話しを聴き,
        また活発な議論を行いました.中嶋は『天地明察』を紹介しました.
        講座の概要は こちら をご覧下さい.
_7月15日(土): 月例講座で,平松先生の「アルマ望遠鏡で探る星々のルーツ」を聴きました.
        ジュニア天文講座では,ヘルツの電波の実験を試みました.
_7月11日(火): 下記夏季講座の配布資料をアップしました.
_7月08日(土): 7月23〜25日の北軽井沢夏季講座,「算額と宇宙」の講演要旨を掲示しました.
_7月07日(金): 七夕星を語る会で,鳥海先生の「太陽の謎に迫る!~黒点・フレア・オーロラ~」
        を聴きました.
_7月06日(木): 7月15日の平松先生の月例講座「アルマ望遠鏡で探る星々のルーツ」の
        講演要旨を掲示しました.
_7月02日(日): 柳澤先生の講演の講演記録を掲示しました.
_6月27日(火): 月例講座の予定表を更新しました.
_6月17日(土): 月例講座で,柳澤先生の講演「月面衝突閃光」を聴きました.受講者からの
        時間外の質問にも,先生は丁寧に応対して下さいました.
        ジュニア天文教室では,流星塵を顕微鏡で観察しました.
_6月11日(日): 7月7日(金),七夕星を語る会,鳥海先生の講演「太陽の謎に迫る!
        ~黒点・フレア・オーロラ~」の講演要旨を掲示しました.
_6月08日(木): 月例講座,6月17日の柳澤先生の講演「月面衝突閃光」の講演要旨を掲示
        しました.
_6月06日(火): 月例講座,8月19日の柴田晋平先生の講演タイトルは,
       「私たちはなぜ星空案内をするのか? 〜星のソムリエ活動とその目指すもの〜」
        となりました.また講演要旨を(早くも)掲示しました.
_5月20日(土): 月例講座,平林久先生の「ブラックホール観測の展開 ― ホシはクロか? ―」
        を聴きました. また,ジュニア天文教室にも大勢の方々が参加され,屋上の
        望遠鏡で太陽黒点の観察などを行いました.
_5月11日(木): 上記講演の講演要旨を掲示しました.
_4月15日(土): 月例講座瀨戸裕基先生の「宇宙ゴミ除去のビジネス化を目指して」を聴きました.
_4月10日(月): 上記講演の講演要旨を掲示しました.
(2016年度)
_3月18日(土): 月例講座,渡部潤一先生の「太陽系小天体の謎  ー予測通りにならないから
        面白いー」を聴きました.また2016年度の最終講座として,閉講式が行われ,
        1ヶ年の皆勤者・精勤者(50名以上)の表彰が行われました.
_3月09日(木): 上記講演の講演要旨を掲示しました.
_2月27日(月): 来年度前半(2017年4〜9月)の月例講座予定を掲示しました.
_2月18日(土): 月例講座,滝澤慶之先生の「レーザーによる宇宙ゴミの除去 (EUSO プロ
        ジェクト)」を聴きました.
_2月13日(月): 2月18日の月例講座,滝澤慶之先生の「レーザーによる宇宙ゴミの除去
        (EUSO プロジェクト)」の講演要旨を掲示しました.
_1月28日(土): 月例講座で,本間希樹先生の「もうすぐ見える?巨大ブラックホール」のお話し
        を聴きました.
_1月18日(水): 1月28日の月例講座,国立天文台 本間希樹先生の「もうすぐ見える?巨大ブラック
        ホール」の講演要旨を掲示しました.
12月17日(土): 麻生洋一先生の「重力波天文学の幕開け - 重力波初検出と今後の展開」を
        聴きました.
12月06日(火): 12月17日の月例講座,国立天文台 麻生洋一先生の「重力波天文学の幕開け -
        重力波初検出と今後の展開」の講演要旨を掲示しました.
11月19日(土): 月例講座で,京都大学杉本茂樹先生の「超弦理論と宇宙の始まり」を聴きました.
11月11日(金): 11月19日の月例講座,京都大学杉本茂樹先生の「超弦理論と宇宙の始まり」
        の講演要旨を掲示しました.
10月19日(水): 16日の中嶋の講演「宇宙の始まりの理論について」講演記録を掲示しました.
*10月 8日(土): 10月の月例講座,10月16日の中嶋の講演「宇宙の始まりの理論について
   ー 超ひも(弦)理論との関連から」の講演要旨を掲示しました.
* 9月17日(土): 月例講座,岡野ジェイムス洋尚先生の「神経細胞を用いて宇宙放射線の脳への
   影響を検証する」を聴きました。また27日、講演記録も掲示しました。
* 9月 7日(水): 9月の月例講座,岡野ジェイムス洋尚先生の「神経細胞を用いて宇宙放射
   線の脳への影響を検証する」の講演要旨を掲示しました.
* 8月13日(土): 8月の月例講座,黒谷先生の「宇宙に生きる」の講演要旨を掲示しました.
   (9月11日,講演記録も掲示しました.)
* 8月13日(土): 8月の月例講座,黒谷先生の「宇宙に生きる」の講演要旨を掲示しました.
* 7月22〜25日(金〜月): 北軽井沢夏季講座および反射鏡研磨研究会が実施されました.
   夏季講座,内容紹介研磨研究会,アルバム(準備中)
* 7月20日(水): 月例講座のスケジュールを更新しました.2017年1月は,日程の変更があります.
* 7月16日(土): 月例講座で,田中先生の「星が「死ぬ」とはどういうことか ー 超新星爆発の
   謎に迫る
」を聴きました.活発な質問がありました.
* 7月13日(水): 16日の月例講座,田中先生の「星が「死ぬ」とはどういうことか ー 
   超新星爆発の謎に迫る
」の講演要旨を掲示しました.
* 7月13日(水): 月例講座のスケジュールを更新しました.
* 7月 8日(金): <七夕星を語る会>で,橋本修先生の「七夕・赤い恒星・赤くなった火星」のお話し
   を聴きました.
* 7月 8日(金): 2016年度,北軽井沢夏季講座および反射鏡研磨研究会ご案内・講演要旨
   掲示しました.
* 7月 3日(日): <七夕星を語る会>のご案内・講演要旨を掲示しました.
* 6月25日(土): 月例講座の,2001年度からの一覧表を作成しました.
* 6月16日(木): 6月18日(土)の月例講座,広瀬先生の「超新星の出現をとらえる」の講演要旨
   を掲示しました.
* 5月21日(土): 月例講座で,平林先生の「宇宙、千曲川に沿って」の講演を聴きました.

* 5月14日(土): 5月21日(土)の月例講座,平林先生の「宇宙、千曲川に沿って」の講演要旨
   を掲示しました.
* 4月16日(土): 相馬先生の「キトラ古墳天文図」のお話しを聴きました.

* 4月 9日(土): 相馬先生の「キトラ古墳天文図」の講演要旨を掲示しました.
* 4月 4日(月): 講演プログラムの変更があります.
   4月16日(土)の月例講座は,相馬先生の「キトラ古墳天文図」になります.
   平林先生の講演は,5月に変更します.

過去のお知らせ(2015年度)

2016年
* 3月26日(土): 記念講演会・祝賀会のアルバムを掲示しました.
* 3月19日(土): 第600回の月例講座と50周年記念祝賀会が,大盛況の内に無事
   行われました.ご参会の皆様,ありがとうございました.
   また同日付けの日経新聞夕刊に,50周年のことが掲載されました(記事概要).
* 3月 1日(火): 月例講座,長谷川先生の講演記録を掲示しました.
* 2月25日(木): 2016年度前半の月例講座予定を掲示しました.
* 2月20日(土): 月例講座で,長谷川先生の「宇宙背景放射の50年 - 
   インフレーション宇宙の重力波とPOLARBEAR」
の講演を聴きました.
* 2月 4日(木): 3月の月例講座,第600回の記念講演会,佐藤勝彦先生の
   「アインシュタインの一般相対性理論とインフレーション宇宙論」講演要旨を掲示しました.
* 2月 2日(火): 2月20日の月例講座,長谷川先生の「宇宙背景放射の50年 - 
   インフレーション宇宙の重力波とPOLARBEAR」
講演要旨を掲示しました.
* 2月 2日(火): 直前のお知らせで申し訳ありませんが2月のジュニア天文講座は,講師の都合に
   よりお休みします.また3月も,記念講演会のためお休みです.

* 1月19日(火): 1月16日の月例講座,中嶋の「天体写真アーカイブ - 過去の天体写真乾板
   のディジタル化」
講演内容を掲示しました.
* 1月16日(土): 12月19日の,葛西先生の「宇宙宅急便こうのとり」講演記録を掲示しました.
* 1月11日(月): 1月16日の月例講座,中嶋の「天体写真アーカイブ - 
   過去の天体写真乾板のディジタル化」
講演要旨を掲示しました.
2015年
*12月19日(土): 駿台学園の屋上にある口径20cm屈折望遠鏡の設置50周年を記念
   して,記念講演会が開催されました.学園天文部員のOB-OGの方々が大勢参集
   されました.詳細はこちらをご覧ください.
*12月19日(土): 月例講座で葛西 徹先生の「『宇宙宅急便 こうのとり』の目指したもの」
   を聴きました.記念講演会に続いて,大勢の方が聴講されました.
*12月13日(日): 毎日新聞地方版に,駿台天文講座50周年が紹介されました.
   「宇宙の楽しさ伝え50年 公開講座も来年600回 19日に記念講演」
*11月28日(土): 12月19日の月例講座,JAXA宇宙航空研究開発機構,葛西 徹先生の
   「『宇宙宅急便 こうのとり』の目指したもの」講演要旨を掲示しました.
*11月21日(土): 月例講座で谷口義明先生の「なぜ宇宙はブラックホールを
   造ったのか?
」を聴きました.大勢の方が聴講されました.
*11月 9日(月): 谷口先生の天文解説書の割引取扱いを計画しております.
   詳しくは 中嶋ブログ をご覧ください.
*11月 8日(日): 11月21日の月例講座,谷口義明先生の「なぜ宇宙はブラックホールを
   造ったのか?
」の 講演要旨を掲示しました.
*10月17日(土): 月例講座で,川田和正先生の「極限宇宙を探る宇宙線天文学」のお話
   を聴きました.
*10月11日(日): 10月17日の月例講座,川田和正先生の「極限宇宙を探る宇宙線天文学」 
   の講演要旨を掲示しました.
* 9月22日(火): 7月18日の吉川先生の講演「はやぶさ2の新たな挑戦」の講演記録
   掲示しました.
* 9月19日(土): 月例講座で,三宅芙沙先生の「宇宙線の歴史を屋久杉で探る」を聴きました.
* 9月12日(土): 9月19日の月例講座,三宅芙沙先生の「宇宙線の歴史を屋久杉で探る
   の講演要旨を掲示しました.
* 9月12日(土): 10月の月例講座の講演者が変更になりました.
* 8月15日(土): 月例講座で,高橋先生の 「兵用天文学の展開 —『戦場に輝くベガ』
   に描かれた現実
」を聴きました.また「戦場に輝くベガ」も上映されました.
* 8月 9日(日): <反射鏡研磨研究会>のアルバムを更新しました.
* 8月 7日(金): <北軽井沢駿台天文講座>の,中嶋担当分の講演内容を こちら に掲示
   しました.(秦先生のものは現在準備中です.)
* 8月 6日(木): 8月15日の月例講座,高橋先生の 「兵用天文学の展開 — 
   『戦場に輝くベガ』に描かれた現実
」 の講演要旨を掲示しました.
* 8月 4日(火): <北軽井沢駿台天文講座>が,8月1日〜3日,北軽井沢一心荘で行われました.
* 7月27日(月): <反射鏡研磨研究会>が,7月24〜26日,北軽井沢一心荘で行われました.
   約30名の参加者が,熱心に反射鏡の研磨を行いました.(上記のリンク参照)
* 7月18日(土): 月例講座で,吉川先生の「はやぶさ2の新たな挑戦」を聴きました.
   今回も大勢の方が聴講されました.皆様のご来場を感謝いたします.
* 7月18日(土): ジュニア天文講座で,さっそく「冥王星」の話題を取り上げました.
   関係資料を こちら にアップしました.
* 7月11日(土): 7月18日の月例講座,吉川先生の「はやぶさ2の新たな挑戦」講演要旨
   を掲示しました.
* 7月 4日(土): <七夕星を語る会> で,森 治 先生の講演「日本の深宇宙探査技術〜
   はやぶさ,イカロスの先にあるミッション」
を聴きました.
* 7月 2日(木): 7月4日(土),11時からの<七夕星を語る会>,森 治 先生の講演要旨
   「日本の深宇宙探査技術〜はやぶさ,イカロスの先にあるミッション」を掲示しました.
* 7月 1日(水): 7月の月例講座は,7月18日,吉川先生の「はやぶさ2の新たな挑戦」
   です.会場がプライマスメモリアルホールになりますので,多数の方の参加をお待ちします.
   また,8月の月例講座では,高橋智子先生のご講演「兵用天文学の展開 —『戦場に輝くベガ』
   に描かれた現実」
の後に『戦場に輝くベガ』を上映します.ご期待下さい.
* 6月20日(土): 月例講座で大島先生の講演「ETは いるか?」‐地球外の知的生命体を探る
   を聴きました.視聴覚室はほぼ満員の状態でした.(講演記録はもう少しお待ちください)
* 6月 9日(火): 6月20日の大島先生の講演「ETは いるか?」講演要旨を掲示
   しました.
* 5月24日(日): 5月16日の須藤先生の講演について,講演記録を作成しました.
   また,9月の三宅先生の紹介記事を掲載しました.
* 5月19日(火): 4月18日の平林先生の講演について,先生からプレゼン資料を頂いて
   講演記録を作成しました.
* 5月16日(土): 月例講座で,須藤靖先生の「系外惑星から宇宙生物学へ」のお話
   を聴きました.
* 4月26日(日): 5月16日の月例講座,東京大学教授 須藤靖先生の「系外惑星から
   宇宙生物学へ」
講演要旨を(早くも)掲示しました.
* 4月18日(土): 月例講座で,JAXA 名誉教授 平林久先生の「1960年代の天文学の衝撃」
   聴きました.雑誌広告などによって,大勢の方々が聴きに来て下さいました.
* 4月15日(水): 平林先生が会長をなさっている「子ども・宇宙・未來の会」(略称 KU−MA)で,
   平林先生が本講座の紹介をメールマガジンに掲載して下さいました.
   (KU−MA ホームページ)
* 4月 9日(木): 2015年度の「その他講座」の概要を更新しました.
* 4月 8日(水): 4月18日の月例講座,JAXA 名誉教授 平林久先生の「1960年代の天文学の
   衝撃」
講演要旨を掲示しました.

過去のお知らせ(2014年度)

2015年
* 3月30日(月): 2015年度の月例講座予定表を拡充掲示しました.いろいろな情報を盛り込んで
   行く予定ですのでご注目下さい.
* 3月28日(土): 2014年度最後の月例講座で,鈴木先生の「暗黒物質」のお話を聴きました.
   講座に先立って今年度の皆勤者・精勤者の表彰が行われ,計37名の方が受賞されました.
* 3月25日(水): 『天文ガイド』,『星ナビ』,『ニュートン』などの雑誌に,2015年度の講座の
   広告が出ています.ご覧ください.
* 3月19日(木): 2015年度の「その他講座」の概要を掲示しました.
* 3月 4日(水): 3月28日の月例講座,鈴木先生の「暗黒物質」のお話の講演要旨 を掲示
   しました.
* 1月12日(月): 2015年度の月例講座予定表を掲示しました.
   2015年は,本講座の50週年の記念の年になりますので,充実した内容の講座を
   計画しました.講座の解説や宣伝にも力を入れてゆきたいと思いますので,本
   ホームページにご注目下さい.
* 2月21日(土): 月例講座で,熊本大学の高橋慶太郎先生の「世界最大の電波望遠鏡:SKA」
   を聴きました。
* 2月14日(土): 2月21日の月例講座,高橋慶太郎先生の「世界最大の電波望遠鏡:SKA」
   の講演要旨を掲示しました.
2014年 *12月20日(土): 月例講座で,三浦則明先生の「スペックル観測,ベテルギウス」のお話
   を聴きました.
*12月15日(月): 12月20日の月例講座,三浦則明先生の「スペックル観測,
   ベテルギウス」
講演要旨を掲示しました.
*11月15日(土): 月例講座で,小久保英一郎先生の「地球を作る実験」
   聴きました.
*10月28日(火): 11月15日の月例講座,小久保英一郎先生の「地球を作る実験」
   の講演要旨を掲示しました.
*10月18日(土): 月例講座で,本原顕太郎先生の「世界で一番高い天文台」
   聴きました.
*10月 6日(月): 反射鏡研磨研究会が,3日(金)〜5日(日),北軽井沢一心荘にて
   行なわれました.アルバムは こちら
*10月 1日(水): 18日の月例講座,本原顕太郎先生の「世界で一番高い天文台」
   の講演要旨を掲示しました.
* 9月20日(土): 月例講座で,市川隆先生の「南極天文台」のお話を聴きました.
* 8月21日(木): ジュニア天文講座のページを整理しました.
* 9月12日(水): 20日(土)の月例講座,市川隆先生の「南極天文台」
   講演要旨を掲示しました.
* 8月21日(木): ジュニア天文講座のページを整理しました.
* 8月17日(日): 8月16日(土),月例講座で金川真一先生の「えんぺい観測と
   水路部」
のお話を聴きました.また,金川先生が活躍された頃の駿台学園
   天文部の活動を記録した映画を見ました.
* 8月12日(火): 8月16日(土)の月例講演会,金川真一先生の
   「えんぺい観測と水路部」のお話の講演要旨を掲示しました.
* 7月14日(月): 駿台天文講座ご意見を更新しました.
* 7月10日(木): 7月19日(土)の月例講座,「宇宙観測用CCDイメージセンサ
   のものづくりの現場」の講演要旨を掲示しました.
* 7月 7日(月): 8月2日からの<北軽井沢駿台天文講座>のご案内と、10月
   3日からの<反射望遠鏡研磨研究会>のご案内の文書を掲示しました。.
* 7月 5日(土): 「七夕星を語る会」で、平林先生の「月から星の世界まで」の
   お話を、高校1年の生徒の皆さんと一緒に聴きました。(講演資料).
* 7月 2日(水): 駿台学園の天文講座の今後のあり方について,皆様のご意見
   を広く伺っています.これについて,関連ページを開設しました..
* 7月 2日(水): 7月5日(土)の,七夕星を語る会の,実施要領講演資料を掲示
   しました.
* 6月20日(金): 21日の月例講座,西城先生の「暦について」講演要旨
   掲示しました.
* 6月 7日(土): 恒例の北軽井沢駿台天文講座(8月2〜4日)の,講演内容の
   概略を掲示しました.(こちら
* 5月18日(日): 七夕講演会、夏期講座、研磨講習会等のその他講座の予定表
   を掲示しました。下記をご覧ください。今年度からこれらの講座の内容が
   大幅に変更されますので、ご注意下さい。
* 5月17日(土): 月例講座、宮崎聰先生の「すばる望遠鏡用大型カメラHyper
    Suprime-Cam: ダークエネルギーの謎に迫る」
のお話を聴きました.
* 4月7日(月): 月例講座、辻篤子先生の 講演要旨を掲示しました。

2014年度のお知らせ
2013年度のお知らせ
2012年度のお知らせ
2011年度のお知らせ